機械式時計の適正な手入れを理解しておきましょう

一定期間ごとのゼンマイ巻きは重要です

機械式時計を有効に活用するにあたって、適正な手入れを欠かすことが出来ません。それに加えて故障が生まれる原因を頭に入れておけば、賢明な手入れのもとでその状態を保持することができます。まず第一に機械式時計の手入れの原則として、周期的にゼンマイを巻くことが大事です。機械式時計内の各パーツは、恒久的に駆動をすることを前提に構築されているものがほとんどになります。長い時間持たせたいと利用をためらってゼンマイを巻かないと、無意味に機械式時計が損なわれる要因になると言えます。

潤滑油切れについては要注意です

機械式時計は、複数年に一回のテンポでオーバーホールが求められます。各パーツの組みあがり状況や磨耗を確認することは言うまでもありませんが、オーバーホールのメインの目的は各パーツに対して潤滑油をさすこととなります。機械式時計は潤滑油に関しては無くてはならないものになります。切れた状況の下で継続して使うと各パーツが磨り減り、最悪の場合部品交換であっても修復できないダメージにつながってしまうこともあります。原則的に潤滑油は個人でさすことはハードルが高すぎるので、きちんと一定期間ごとのオーバーホールを行うように気を付ける必要があります。

リューズの取り扱いは細かな部分まで配慮が必要

自動巻きの機械式時計については、リューズより伸びてくる芯棒の取り扱いには気をつけることが重要になります。自動巻きですが、動力がが足りない状況になりやすい入手直後ではリューズを巻くことが不可欠です。しかしながら、手巻きの機械式時計とは異なり、自動巻きは芯棒が細かく誂えてある時計がたくさんあるために、軽率に取り扱うと曲がったりします。とりわけ手入れ時ににリューズを起こすことが考えられますが、手巻きでもリューズを戻すケースではソフトに取り扱うように気を付けましょう。

パテックフィリップはスイスの高級時計メーカーです。世界三大時計メーカーとしても有名です。世界中の著名人が愛用するなど商品はとても高額ですが人気があります。