幸せに七五三を迎えるための役立つ基礎知識

七五三の起こりについて

七五三については、お子さんの成育を神に対して感謝するとと同時に、今後の幸せを祈念するためのお祝い事になります。数えで3、5歳の男の子供さんそれから、3、7歳の女の子が、親と一緒に神社へ参拝します。エリアによって、男女共通して3、5、7歳全てを祝うこともあり得ます。加えてお参りにつきましては、11月15日に行うことは一般的です。江戸時代は小さな子の死亡する率が非常に高く、七五三の年に至るまで育つというのはめでたいことでした。その結果七五三といった感謝の催し物が生じたといえます。

着ていく服装に関して

男の子供さんは着物及び羽織と袴それから、女の子につきましては着物及び結び帯というものが、本当の装束だと考えられています。しかしながら近頃ではしきたりが変容して、綺羅びやかでエレガントな着物を着たり、ワンピースといったカジュアル系の服を着たりすることも増加傾向にあります。同一の性別の兄弟がいないケースになると、1回の出番だけになってしまうので、着物を望んでいる場合は貸衣装屋を活用することになれば役に立つでしょう。加えて写真屋において衣裳を貸してもらうこともできます。

七五三の相応しい食事内容とは

七五三の食事メニューは幼い子どもたちが主人公ですので、お子さんがエンジョイする内容を選ぶと良いでしょう。ご自宅で食事をとるケースでは、以前なら赤飯が主力でしたが、現在はホームパーティーという様なお食事も好まれています。外食におきましては、ファミレスから始まり高級なレストランに至るまで、候補は多種多様です。お子さんが幼いときには騒いでも差し障りにならない所、ひとつの例として個室などが賢明でしょう。祖父母を招く場合、レストランにおいて七五三に向けたコースをオーダーするのも賢明でしょう。

七五三という子供の晴れ舞台をどこでやるかがよく話題になりますが、有名な神社よりも近所の神社の方が写真もゆっくり撮りやすくお勧めです。