機械式時計は動かしている事で長持ちさせる事が出来ますよ!

引き出しの中にしまい込んだまま

新しい腕時計を購入したので、今まで使っていた機械式時計は引き出しの中にと言ったケースがありますよね。電池式の時計の場合は内蔵されている電池が水晶振動子を駆動させて内部メカを常に動かしているので、電池切れにならなければしまい込んであっても構いません。しかし、機械式時計はゼンマイを巻いて使う腕時計、ゼンマイが大きく開いてしまうと時計は止まってしまい、そのままにしておくと油が変色をする、固まるなどで故障の原因に繋がる事もあるのです。

しまい込んだままにしないのが長持ちさせるコツ

油が変色してしまう、固まると言うのは機械式時計の致命傷にもなります。機械式時計の内部には無数の歯車が組み合わさり時を刻む仕組みで、歯車を動かしているのはゼンマイの戻ろうとする力です。ゼンマイの戻ろうとする力が無くなった時は、ゼンマイを巻いてあげれば良いわけですが、引き出しの中に入れっぱなしの状態ではゼンマイが開いた状態になってしまいます。もし、使わない機械式時計であれば専門店に行けば買取りして貰えますし、しまい込んだままにして壊れてしまう前に売れば現金化が出来ると言うメリットもあるのです。

機械式時計に限った事ではないのですが

腕時計は機械式、クォーツ式に関係無く腕にはめて使う道具ですよね。夏場などでは汗も大量にかきますし、1日中腕時計をはめているとベルトに汗が付いてしまう、埃や皮脂、汗などが混ざり合わさったものが腕時計のベルト、裏蓋の隙間などにこびり付いてしまいます。長年使い続けれるほど汚れはこびり付いてしまう事になります。1日使い終えた後は、柔らかい布などを使って肌と接している部分を綺麗にしておく、これだけでこびり付く汚れを防止する事も出来ます。

ウブロとはスイスの高級腕時計のブランドです。近年では著名人たちのコラボモデルを発表するなど、知名度は上昇しています。